京都パン探訪記

京都はパン消費量日本一。暮らしのそばにパンが寄り添う街です。京都のパンの美味しさに惚れ込んだ私が、日々食べ歩いたパン屋さんを書き綴ります。

【ブーランジェリ リベルテ】寺町通りにある地元に愛されるフランス仕込みのパン屋さん

寺町通りは、京都らしい風情溢れる歴史のある通り。

時間があると、寺町通りをのんびり歩いてリフレッシュするのが大好きです。

 

そんな寺町通りで、いつも気になっているお店がありました。

それが「ブーランジェリ リベルテ」さん!

一保堂や骨董品屋が並ぶ通りに建つ、ブーランジェリーです。

f:id:kyotoburari:20181211192612j:plain

赤い暖簾に、木造のお洒落な扉が目を惹きます。

なんだかパリ感のある、可愛いお店!

 

今日は朝の散歩をおえて、早朝7時にリベルテさんに行ってきましたよ♪

 

■目次

 

ブーランジェリ リベルテとは?

ブーランジェリ リベルテは、寺町二条にあるお店。

京都市役所から徒歩5分のところにあります。

 

ブーランジェリとは、フランス語で「パン屋」という意味。

英語ではベーカリーなので、あえてフランス語で表現しているには訳があるんです!

 

実はリベルテさんは、パリの人気店「デュ・パン・デジデ」さんと交流があるそう。

パリの名店でお店のパン職人さんを修業させてもらうなど、日々美味しいパンを追及されています。

 

本場パリ仕込みの味を京都で楽しめるなんて、興味深々!

さぁ、 リベルテさんの店内に入っていきましょう。

 

デニッシュからハード系まで、フランス仕込みのパンの数々!

お店は小さいながらも、清潔感溢れる可愛い雰囲気。

焼きたてのパンが並んでいて、朝から食欲がわいてきます。

 

デニッシュ生地に桃やマンゴーを乗せた、見た目にも美味しそうなパン達!

お値段も1つ200円程で、お手頃です。

f:id:kyotoburari:20181211193032j:plain

 

この艶がまた良いですよね♪

 

バゲットも美味しいと評判で、本場パリ仕込みの配合で焼き上げています。

お家でサンドイッチにしたり、パスタなど食事のお供にぴったり!

 

いつも70種類から80種類のパンが店頭に並んでいます。

 

パンオショコラとりんごデニッシュを買いました♪

店内で「どれにしようかな~」としばらくウロウロ。

朝7時にも関わらず、お客さんが数名入ってこられます。

 

迷った結果、買ったのが「パンオショコラ」「ショソーン・オ・ポム」

好みは止めれれない!サクッとしたデニッシュが大好きなんです。。

 

こちらが「ショソーン・オ・ポム

葉っぱのようなリーフ模様が可愛くて、一目ぼれ!!

ちょっとひと手間かけた感じ、他にはなくて珍しいかも!

クロワッサン生地に、自家製りんごコンポートが入っています。

f:id:kyotoburari:20181211192928j:plain

 

口に運ぶと、網目のこんがり焼けた部分がサクッ!

中に入ったリンゴのコンポートの優しい甘味が、ふんわり口に広がります。

 

甘すぎず、自然の甘さでちょうどいいです。

デニッシュ生地と一緒に食べるとバランスが良くて、パクパク食べちゃいました!

 

こちらが「パン・オ・ショコラ

上にチョコレートソースをかけてあるのが特徴です。

f:id:kyotoburari:20181211193007j:plain何層にも重ねられた生地が、軽やかな食感を生み出しています。

何個でも食べれちゃうくらい美味しい!

 

ちなみにリベルテさんのクロワッサンも人気商品で、なんと27層にも生地を重ねたこだわりのクロワッサンだそう!

次に来たときに食べてみたいな~。

 

早朝営業なので、朝食は美味しいパンと一緒に・・♪

リベルテさんは、朝7時からオープンしています。

京都のパン屋さんのなかでも、かなり早くからお店を開けていらっしゃいます。

 

京都御所にもほど近く、朝散歩したあとに美味しいパンを買って朝食なんていかがですか?

 

散歩の後に、温かいコーヒーを淹れて美味しいパンを食べる。

なんたる贅沢!私が一番好きな朝の過ごし方です。

 

これから寒くなりますが、美味しいパン生活を楽しみましょう♪

 

ブーランジェリ リベルテ

住所:京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町65-2

アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前」駅より徒歩5分

電話:075-253-0500

営業時間:7:00〜19:00(月曜定休日)